手作りジュース

juicy.com

栄養価の高い手作りジュース

果物の果汁が入った甘酸っぱいジュースは、子供も飲みやすく、工夫次第でさまざまな栄養を摂取することができます。
栄養価の高い飲みやすい手作りのジュースを作ってみましょう。
果物にはビタミンCや食物繊維、ミネラルやカリウムなどの栄養成分が含まれているものが多いので、それらを組み合わせることで健康にも美容にも良い飲み物になります。
食材が粉砕されているので体内にも吸収されやすく胃腸にも優しいことも魅力でしょう。
果汁だけでなく、牛乳や豆乳を混ぜることで、より栄養価も高くなり、味もまろやかになります。
果汁100パーセントのジュースはビタミンCも豊富でお肌にも良く、免疫力を向上させて風邪の予防にもなりますが、やはり酸っぱいので苦手な子供もいることでしょう。
けれどもミルクや豆乳も入れれば、酸っぱすぎることもなく、シェイクのように美味しく飲むことができるのです。
そのほかにもトマトなどの野菜を加えたり、生姜や蜂蜜を入れてみるのも良いでしょう。
また夏場は、果物を小さめにカットして凍らせておいてミキサーにかければ、涼しげなドリンクが出来上がります。
氷を入れると水っぽくなり味も栄養価も薄くなってしまうので、このように食材自体を凍らせて使うほうが良いでしょう。

美味しいジュースを紹介します

ジュースは飲み物でありますが、その種類は数多くあるのです。
若者に人気なのは炭酸飲料です。
とにかく色んな種類があってどれもこれの味が良いのでどんどん飲んでしまいます。
コーラやサイダーが得人気があり、様々な商品が販売されています。
それ以外には野菜を使ったジュースも作られています。
人参などの緑黄色野菜を中心として、更に果物をミックスしたものがあります。
これは甘くて実際にはフルーツジュースのような味わいがありますが、野菜の栄養素もプラスされているのです。
トマトをすりつぶした飲み物もあります。
こちらは塩を添加してあるものや、素材そのままの味を引き立てるために何も加えていないものがあります。
昨今ではグリーンスムージーという飲み物も人気があります。
グリーンスムージーは緑色の野菜をミキサーで混ぜて作ります。
こちらは健康に対して良い効果があります。
野菜を食べるのが難しいという時に、飲み物の形にすることで簡単に摂取をすることが出来るということに価値があります。
店頭でもてにはいりますが、自分でミキサーを使って作るとより一層栄養が含まれているグリーンスムージーを作ることが出来ます。
全てはアイデア次第であります。

『ジュース』 最新ツイート

@oyegm8s2uhbv

【美肌食事バランス】 1日2食から2食半がオススメ 朝型 ・朝食/昼食⇒バランスよく摂取 ・夕食⇒野菜ジュースやスープ 夜型 ・朝食⇒野菜ジュースやスープ ・昼食/夜食⇒バランスよく摂取 少食は美肌とダイエットにも 効果的な食事バランスです。

30秒前 - 2015年04月26日


@torasan815

なんか野菜ジュースを割り勘にしようとしてくる。一人しか飲んでないのに

59秒前 - 2015年04月26日


@nonokuma1

@nikkanxct55 関本選手の優しさと冷たいリンゴジュース飲んで元気なってください (>_<)

1分前 - 2015年04月26日